トピックス

台風21号の被災地、伊勢市、玉城町を本村衆議院議員と武田参議院議員と岡野・山本県会議員と状況の聞き取りと伊勢市副市長への要請

カテゴリー:

11月6日、日本共産党の本村衆議院議員と武田参議院議員、岡野、・山本県会議員、黒木・楠木市議会議員と10月22日~23日にの台風21号の被害状況について聞き取り、伊勢市副市長にお見舞いと要請、懇談を行いました。

 伊勢市一の木では、知らせもなく、どんどん水が増え、床上浸水となり、家具等の運び出し、泥だし、掃除、乾燥で、高齢者のかたとして大変な状況が出されました。

 また、小俣町で、知らせなく、高齢者の方が、水につかり、地域のかたの支援で避難されるなど大変な状況が浮き彫りになりました。

 副市長へのお見舞いでの要請では、総雨量666ミリ、時間雨量80ミリというかつてない、水害で、特に、罹災者証明の調査の職員がたりなく、県に要請している状況や、災害ゴミの支援も県に要請などされている状況が明らかになりました。

 昼からは、両県議は玉城町の被災状況を調査、かつてない水害で外城田川が、氾濫し、自家用車や家財が、また営業の機会などが、被災にあつって、泥だしや乾燥をしている状況でした。

 今後、国や県、市町に要請をして、被災者に寄り添って、要請をしていくことを約束しました 

▲ このページの先頭にもどる

© 2015 - 2017 三重県議会・日本共産党